南条あやの死因は自●。少女が抱えていた心の闇について考察!

Pocket

今回は南条あやの死因や関連する心に抱えていた闇について考察していきたいと思います。今もなお気になっている人の多い内容について気になる情報をまとめたので最後までご覧いただければと思います。

南条あやの生い立ちについて。

今回は南条あやの死因やそこに関連する内容について調べていきます。まず気になるのが南条あやの生い立ちです。そのことから触れていきます。南条あやは子供の頃に両親が離婚しており、最初は母親が南条あやを引き取りましたが母親の再婚相手と関係が悪くなり、その後は父親と暮らしておりました。やはり小さな子供が義理の父親と過ごしていくということに難しさがあったんでしょうね。子供時代にそのような苦悩を抱えていた南条あやですが、小学生の時にいじめにあって学校に行かなくなっています。僕の感想ですが、おそらく子供の時の親との関係の悪化で自我や自己肯定感がうまく育まれなかったことが関係しているのではないか?と思います。南条あやは小学校の時にいじめを経験していることから中学校は私立の中学校に通ったといわれています。効率の中学校に進学すると小学校からのいじめっこたちと中学も同じで辛い経験をするということが分かっていたので賢明な選択だったと思います。しかし不幸にも中学校でも南条あやはいじめにあってそのことに苦悩してリストカ●トをしたようです。辛くてメンタルが病んでしまったんでしょうね。そしてここからは気になる南条あやについての情報についてさらに触れていきます。

南条あやは文章能力が高く、町田あかねの目にとまった。日記の内容も共感をよんでいた。

南条あやはとても文章能力が高く、表現も上手でした。高校生の時に町田あかねにメールを出したところ、その内容が町田あかねの目にとまったんですね。そんな文章能力の高かった南条あやは日記を公開しておりましたが、その日記の内容が多くの人の心の共感を呼びました。やはり南条あやの心から出る本音には共感する人が多かったということですね。南条あやのファンクラブというのがありましたから。やはり本音を明かすことや正直に想いを伝えることは大事だなということをこの南条あやが教えてくれているような気がしますね。そして実は南条あやはいつもこのようなことを口にしていたといわれております。

南条あやは卒業するまで死にませんというのが口癖だった?!

南条あやの口癖は

いつでもどこでもリストカッター

卒業式まで死にません

だったといわれています。今この言葉を考えるとここに込められた南条あやの想いを感じます。卒業するまで死にませんということは表現を変えると卒業後には生きていないといいうことをほのめかしていると解釈できます。そして悲しい出来事が起こりました。そのことについて触れていきます。

南条あやの死因は自●。

南条あやは高校の卒業式のおよそ3週間後にカラオケボックスで薬の飲みすぎで病院に運ばれて亡くなりました。ただし南条あやの死因は自●ということですが、死因は普段からしていた自傷行為が原因で心臓の弁に穴が開いたことが死因だったのではないか?と言われております。18歳の若さで人生の最期を遂げたというとても悲しい末路でした。そして実は南条あやには将来約束していたことがあったようです。そのことについて触れていきます。

南条あやには婚約者がいたって本当?

南条あやには交際している男性がおり、その男性と成人したら結婚する約束をされていたようです。つまり婚約者がいたということですね。18歳で亡くなってしまったので後2年後に結婚する約束だったんですね。その結婚も南条あやが亡くなったのでかなうことのないものになってしまいました。南条あやの婚約者の悲しみも計り知れないものだと思いますね。南条あやは亡くなりましたが、今現在も多くの人の心の中で生きていると思います。南条あやのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク